Database management:調査からナレッジマネジメントまで

トップページ > Database management

調査からナレッジマネジメントまで

Inbound & Outbound Call Package スキーム図

マーケティングでもっとも大事なのは情報です。
ビジネスの意思決定をするときのほとんどはまだ経験のない分野ではないでしょうか?
Go / No Goの決断をする際に経営者にもっとも大事なのはより実際に近いマーケットを想定したシミュレーションです。
また、一度マーケットへのインプリメントを行ったあとも、マーケティングプランは市場に合わせて見直しが必要です。
そのときもっとも大事なのも情報です。

ビジネスを始める前は調査による情報、ビジネスがスタートしてからは経験から培った情報、情報収集源は違いますが、情報の管理・運用はマーケティングにおいてはキーになります。
データベースの重要性がうたわれて今はほとんどの企業が経験から培った情報は何らかの形で管理・運用していますが、その収集方法、チャネルの最適化に関してお考えになったことはありますか?

一方、調査による情報収集はあまり行われておらず、特にBtoBでは担当者の方の肌感覚で定性的な情報から数字が作られる場合も多々あります。
また、調査を実施している企業でも結果と質のバランスを基準とした情報収集チャネルの最適化をお考えになったことはありますか?

マンフィールドでは、社内・社外へのインタビュー(面談)・郵送・コールセンター・インターネットすべてのチャネルをご提供できます。また、自社での実施をされたいお客様にはデータベースシステムの構築も可能です。
革新への第一歩は現在のプロセスの見直しから。
現在あるものを最大限利用し、お客様のニーズに合わせて、効果と質両面から最適なバランスがとれたご提案をいたします。

HOME会社概要Press Roomプライバシーポリシーお問い合わせサイトマップ