Resource allocation:社内リソースかアウトソーシングか -

トップページ > Resource allocation

社内リソースかアウトソーシングか

まずはお客様の現状のビジネス、直面している問題点をお聞かせください。
お客様のニーズをヒアリングし、マンフィールドでは最適なマーケティングミックス、それに基づいたチャネルのご提案をさせて頂きます。
すべてのチャネルでアウトソーシングに切り替える機会がありますが、マンフィールドではこの提案をご確認頂き、ここで再度お客様のニーズを確認いたします。

そのうえで、社内でのソリューションでご対応いただくものであれば、システムの構築でお手伝いができるかもしれません。また、調査、コールセンターや倉庫・流通関連でのアウトソーシングが必要でしたら、お客様のニーズに合わせてのご提案もできます。

ここで私どもは、お客様のビジネスを、問題点をシンプルに解決する提案をいたします。
多様化する顧客のニーズ、市場の複雑性、スピード、ビジネスを複雑にする因子はいくつもあります。
ですが、お客様の答え(y)にもっとも有効な因子(Vital X)は決して多くありません。

マンフィールドではシックスシグマの手法に基づいて、このVital Xを見つけ出し、全体最適化の視点からのリソースの配分に関してご提案いたします。

*このステップはお客様のニーズを個別最適化ではなく全体最適化の視点からご提案するのには不可欠ですので、基本的にはこちらのヒアリング・分析をさせて頂くことを前提としますが、すでに問題点がクリアになっているお客様には、このステップは省略させて頂くことも可能です。

HOME会社概要Press Roomプライバシーポリシーお問い合わせサイトマップ