Service - サービス:チャネルソリューション最適化のご提案

トップページ > Service

チャネルソリューション最適化のご提案

多様化する顧客ニーズ・従業員の価値観、マーケットの成熟スピード、チャネルの増加、さまざまな要因から今のビジネスモデルは複雑化しています。たとえ、ひとつの会社の中の同じ業種でも画一的なマーケティングミックスでは対応できなくなっているのでしゃないでしょうか?

また、逆にマーケティングの発展に比例し、マーケティング・チャネルも増加しています。例を挙げるならば、インターネットの導入やアウトソーシングの低価格化です。

標的市場の多様化、またそこに到達するためのチャネルの多様化により、選択肢の幅は拡がりましたが、それに比例しソリューションの最適化が難しくなっています。

マーケティング・チャネルとは、製品・サービスの入手または消費を可能にするためのプロセスに関わる、相互依存的な組織のことです。

企業が製品・サービスの提供を行なうチャネルとして、インターネット販売、通信販売、テレマーケティングなどのダイレクトマーケティングのチャネルも利用することができます。マーケティングにおけるチャネルの選択とミックスは顧客が製品、サービスを入手、消費する際の大きな判断基準となりますので、ここを最適化することが企業にとっての命題となります。

標的市場に到達するためのチャネルは3種類に分けられます。
コミュニケーション・チャネル→ターゲット顧客とのメッセージのやりとりを行うインタラクティブなチャネルです。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、手紙、電話、屋外広告、チラシ、インターネットなどがこれに相当します。
流通チャネル→購買者に製品やサービスを届けるチャネルです。流通チャネルには、運輸機関のほか、流通業者、小売業者が含まれます。
販売チャネル→購買者への製品の販売を行なうチャネルです。小売業者のほか、Eコマースなどもこれに含まれます。

マンフィールドでは、この3つのチャネルを売上に寄与するリソース、コストに寄与するリソースといった視点から、どう配分するか、また自社でおこなうかアウトソーシングするかといったソリューションまでご提案いたします。

チャネル融合 スキーム図

HOME会社概要Press Roomプライバシーポリシーお問い合わせサイトマップ